日本の投資人口はどれくらい?

おかねくえすと 資産運用

日本人は投資に対してネガティブなイメージを持っている人が多いと言われています。

では実際にどの程度の人が投資をしているんでしょうかね?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

日本の個人投資家の人口は?

投資をしている人の割合は、

「平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)」

出典:日本証券業協会 調査部

を見れば分かるようです。調査としては

この調査は、わが国における個人の証券保有実態や証券投資に対する意識等を把握し、健全な証券投資の促進等に役立てるため、1962年の初回調査に続き、1964年以降は3年間隔で実施しています。

という事です。

日本証券業協会 調査部の平成27年度のデータによると、標本数7,000人(調査対象者)のうち約18%が有価証券を保有しているとなっています。

この調査は3年間隔で行われているそうで、現在はもう少し増えていてもいいのかなと思っています。

5人に1人が投資をしている

調査結果から推測するに、約5人に1人が何かしらの金融商品に投資しているということになるようです。

この数字が多いのか少ないのか。

最近の話しだとiDeCo(イデコ)やつみたてNISAの話題もニュースなどで多く取り上げられているので、感じとしてはもっと多いような、増えている気がします。

3年間隔の調査なので、来年には平成30年度の最新のデータが出そうですけどね。

個人的には25%くらいになっていたら・・・完全な想像ですが・・・いいかな~と思っています。

投資している人が多いか少ないかは関係ない

データで見て投資をしている人が多いか少ないかは、私が投資をしている理由とは関係ありませんが、預貯金だけで資産を管理するという事に関しては私は否定的です。

金融機関の金利もほぼゼロだし、金利がゼロだとインフレで資産は目減りするし。

銀行に預けているメリットは1000万円まで保護される事を除いてはないかなと思っています。

私としては将来、特に子供の学費や老後の資金にかなり不安を持っており、給与収入以外でも資産を少しずつでも増やしていきたいと思っています。

過度なリスクはそれこそ資産を減らす原因になりますが、適度なリスクをとって資産を運用するという事は選択としては間違っていないと思っています。

今の自分に出来る事を少しずつやっていきたいと思っています。