お金を見える化する

おかねくえすと お金

「あなたの家の資産はどれくらいあるのか」と聞かれた時に・・・答えられますか?

家計簿をつけていたり、資産管理のアプリやサービスを利用していて概ね分かっていると言う方も多いかと思いますが、お金を「見える化」すると言う事は、現状の家計、資産状況を把握し、今後の人生の見通しを立てる(ライフプランニング)という事にも通じるのではないかと思います。

スポンサーリンク

「見える化」する為に

お金を「見える化」するための手段に、損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)があります。

損益計算書(P/L)

総収益(給与などの収入)と総費用(生活費など)を並べて純利益(損失)がいくらになるのか?を表したものを一般的に損益計算書と言います。

いわゆる一般的な家計状態の把握手段です。

貸借対照表(B/S)

資産となる預貯金、自宅(土地・建物)、自動車などから、負債となる住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの未払い金などを差し引いたものを純資産として、資産・負債・純資産を一覧にしたものを一般的に貸借対照表といいます。

こちらは家の資産状況といったところでしょうか。

「見える化」は家計の財政状態の確認

これらはいわゆる家計の財政状態を把握するものです。

損益計算書で家計の収入と支出はどうなのか、貸借対照表である時点の資産状況はどうなのかを見て家計の現状をより深く知り、どこをどう改善すべきかをしっかりと考え、今後の人生をより豊かなもにしていく・・・それがお金の「見える化」だと私は思います。

人間で言えば健康診断や人間ドック的な感じでしょうか?

いずれはこのブログでも家計管理術や家計の損益計算書、貸借対照表などをみなさんにご披露していければと思っています。