うちの貯金の基本方針。やっぱりあれですよね!

おかねくえすと 貯蓄

1000万円貯金する事を目指しているうちですが、その貯金の基本方針を考えました。

どうやったら一番貯まるのかな?ということで、家計管理の方法や家計簿のつけ方などをいろいろ研究しているときに多くの人たちがやっている方法に気が付きました。

みんな知っているあの貯金方法です。

スポンサーリンク

正攻法が成功の秘訣?

私がやろうとしているのは、貯金の王道ともいうべき方法です。

そうです。みなさんよくご存じの『先取り貯蓄』です。

ねくエス
ねくエス

めーーーーっちゃ普通じゃん!!

そうなんです。めっちゃ普通です。

でもその普通を継続していくのがどれほど大変なことか・・・どうかは分かりませんが、確実に貯金するには一番良い方法だと思います。

先取り貯蓄の基本

先取り貯蓄の基本は言うまでもなく収入からまず最初に貯金をする事です。

世帯収入(手取り額) - 先取り貯蓄額 = 生活費

世帯の手取り収入から貯金額を引いて=先に貯金して、残りで生活するというものです。

先取り貯蓄は一度貯金したらもう引き出さないのが基本です。

毎月の世帯収入と生活費をしっかりと把握して貯金額を決めておかないと月末に生活費が足りないみたいなことになるかもしれません。

そう考えるといきなり高額な貯金は難しいので、確実にできる貯金額を考える必要があります。

預貯金と積立投資

うちの場合は、現金貯金と積立投資の投資資金をまとめて先取り貯蓄したいと思っていますので、積立投資の金額と現金の金額を考えなくてはいけません。

イメージとしては、

先取り貯蓄額 = 積立投資額 + 現金貯金額

という事になります。既に積立投資ははじめていて金額も大体分かっていますので、世帯収入から貯金できる金額を計算して、その金額から積立投資額を引けば現金貯金額が分かります。

先取り貯蓄額 - 積立投資額 = 現金貯金額

ということです。

先取り貯蓄に向けて

今月から先取り貯蓄をはじめます!

月末までに無理のない貯金額を計算して準備をしていきたいと思っています。

1000万円の道のりはかなーーーり長いですが、最初の一歩を踏み出さないといつまで経っても貯まりませんので、少しずつでも歩みを進めていこうと思っています。