そもそもIPOの当選確率ってどれくらいなの?

おかねくえすと IPO

何となくIPOに参加していますが、ブログランキングサイトなんかでは「当選しました!」みたいのをちょいちょい見かけます。

うちはまだはじめたばっかりなので当選したことはありません。

何年も続けていればいつかは当選するんでしょうかね?

スポンサーリンク

IPOの当選確率みたいなの

そんな訳で気になったのでIPOの当選確率みたいなのを調べてみました。勿論ネットで。

信憑性については分かりませんが、感覚として当選する可能性があるのかないのかちょっと知りたいと思ったので。

それで調べた結果、

  • 超大型IPOで10%、普通のIPOだと0.1%くらい
  • IPOの抽選倍率はだいたい50倍~100倍
  • 小型IPOで0.1~0.5%程度、大型IPOで5~10%程度
  • 小型IPOで0.1-0.4%、大型IPOで5-10%

だそうです。

これって・・・当たらんやつですよね。

単純に確率だけじゃない

IPOは単純に確率の問題だけじゃなくて、資金力や証券会社によってはポイントによる確率変動なんかもあったりすみたいですね。

資金力もポイントも持っていないうちにはかなり厳しい感じですね。

まだIPOはじめて数ヶ月ですが、これくらいで当たらないとか言ってる場合じゃないという感じでしょうか。

大型は3年に1回、小型は10年に1回

上のデータから推測すると、

大型は3年に1回、小型は10年に1回

良く分からないけど、雰囲気的にこれくらい当たればかなり高確率当選って感じなんですかね?

更にうちの場合は資金力もポイントもないので、状況はかなり厳しいので

大型は5年に1回、小型は20年に1回

くらいの見積りでもいいんかな?もっと低い確率になるんでしょうか?

「IPOは当たらない」と言われていますが、うちにとっては確かにそうなのかもしれませんね。

でも運が良ければ・・・

資金力とポイントで全てが決まってしまうのであれば、うちにはほぼ可能性はありませんが、完全平等抽選なんかをしてくれるような証券会社であれば、それはもう「運」になると思うんですけど、どうですかね?

運頼みなら少しくらい可能性があるかな・・・ないなかな・・・。

いずれにしてもうちにとってIPOは戦略よりも「運」ってことですね。家族に「くじ運」いいやつおらんけど・・・。