「副業」と「投資」は必然

おかねくえすと お金

「貯金が正義」というお金の価値観が通用しなくなった現代において、普通に働いて貯金していてもインフレや増税により資産を増やす事が難しくなってきています。

ではどうすればよいのか。

それは複数の収入源を持つことが現時点での最適解だと思っています。

スポンサーリンク

労働による対価は期待できない

会社員として日々努力して会社の為に頑張っても収入の増加はごくわずかです。

いきなり年収が100万円増えるとか、ボーナスが2倍になるとか日本の企業においてはほぼあり得ないことだと思います。

努力が無駄と言うよりは、会社員として雇用されているいる以上、そのルールや決まりの中でしか収入は増えないと考えるのが妥当だと思います。

つまり労働による対価には限界があるという事です。

自分の能力を生かす

では無理に今の仕事にしがみつかずに自分の知識や経験、能力を生かして独立や起業など何かをした方が良いのかと言われれば、それもかなりのリスクを伴います。

別に何か1つにこだわる必要はなく、今の仕事を普通に続けながら余力で収入に繋がるような事をする。

収入源を複数にするという意味で自分の能力を使えばよいのではないかと思っています。

とは言っても私にはそんな知識も経験も能力もありませんけど。

出来る事からはじめる

何もできない、何もないと言っていたら何もはじまりません。

わたしは自分が無能と言いますか平均以下の人間であることは心得ているつもりです。その平均以下の人間でも何かできる事があるはずです。

知識や経験を積んでからではなく、行動しながら知識や経験を積んでいくというものありだと思っています。

そういう意味でも自分に出来そうな、自分が興味がある副業や投資に少しずつでもチャレンジしていく姿勢は必要で、これからの時代はそれが当たり前になってくるように思っています。