国内株式は配当と優待目当てでバイアンドホールド

おかねくえすと 資産運用

うちは国内株式への投資しています。(2018年10月時点)

その目的は配当と優待目当てとなっています。

ですので過剰な投資はせず、配当がもらえて優待を受けられる銘柄を購入して保有しておくだけというバイアンドホールド作戦です。

スポンサーリンク

国内株式の保有目的

国内株式の保有目的は

  • 株主優待
  • 配当

の2つが目的です。

優待はについてはQUOカードがもらえるとか、特産品や企業の商品を送ってくるというようなものは選好しません。

利用施設や利用店舗の割引やキャッシュバックなど実益のある優待を好みます。

配当はそのままの意味です。

単純に国内市場の中で高配当であり尚且つ規模の大きな会社を選んでいます。

これらの国内株式については、含み損益は気にせずにこのままホールドし続ける予定です。

売却するとしたら

基本的に売却する予定はありませんが、もし売却するとしたら、

  • 配当が無くなった(配当率が悪くなった)時
  • 優待が無くなった(悪くなった)時

になると思います。

国内株式は長期的に見た場合、それほど大きなメリットは感じませんので、過剰に投資する事はないと思います。

当面はこのまま静観するという感じになる・・・と思っていますが、何かのタイミングで全売却しようかなと心のどこかで思っているのも事実です。