家計簿を考える

おかねくえすと 家計管理

「お金」の事を考える上で一番最初に思いつくもの、一番身近なものは何でしょう?それはみなさんよくご存知の「家計簿」だと思います。

家庭の収入と支出の遣り繰りを管理するイメージです。

収入 > 支出だと黒字、黒字部分は預貯金に充てたり、返済に充てたりします。

収入 < 支出 だと預貯金を切り崩したり、金融機関などから借入れたりします。

みなさんが同じように接する一番身近な「お金」の管理である家計簿について考えます。

スポンサーリンク

家計簿は面倒くさい、続かない

「家計簿」と言って最初にイメージするのが「面倒くさい」とか「続かない」というイメージではないでしょうか。家計簿が面倒、続かない理由として

  • 毎日記録するのに時間がかかってしまう。
  • 何にいくら使ったのかいちいち覚えていない。
  • 計算が合わないのでイライラする。
  • 家計簿をつけているのに全然お金が貯まらない。

などが代表的なものではないでしょうか。

継続させるために

これらの原因は概ね「手段」の問題で、そこをクリアできたとしても「目的」の部分で挫折してしまっているという風に考える事ができます。

家計簿をつけるときは、最初に「目的」をはっきりさせておく事が大切で、「手段」はそれを継続できるものを選べば良いと思います。